Zampa

Tossing ideas around of what to do and where to go this weekend, I gave up entirely. I milled about at work waiting for the closing minutes to punch their mark on the clock so I could vacate the premises. Mindlessly, I checked the forecast and Sunday threatened rain. I knew this meant I should probably leave and go photograph something. Yet I was back at, what…

今週末、何処に行って何をしよう? 何か良いアイディアはないかと色々と考えを巡らせたけど、全くお手上げ状態。終業時刻が来たらタイムカードを押して職場を離れる事が出来るのを待ち侘びながら職場を動き回っていた。何も考えずに天気予報をチェックすると日曜日は雨の恐れありときた。これは、さっさと退社して何かを撮影に行きなさいという事だと分かっていた。しかし、まだ考えあぐねていた自分だった。

I asked a friend he looked skyward and said, “Angry clouds, white caps…the ocean, black and white.” I followed his jutting chin and stopped to gaze on the billowing cumulonimbus and agreed. You would think knowing which body of water to photograph would be easy since I am surrounded by two of them (East China Sea and the Pacific). But I was still at loss, at least Mike had solved the first part of the problem, what, I guess I was left to decide, which…

友達に尋ねると、空を見上げて彼は言った。「荒れている雲、白波・・・海、白い雲に立ち込める暗雲。」彼の突き出た顎をたどり、波状の入道雲をじっと見つめて同意した。どちら側の海を撮影すれば良いかを判断するのは、2つの海洋(東シナ海と太平洋)に囲まれている自分にとって簡単だとお分かりでしょう。しかし、まだ迷っていた。少なくともマイクは問題の最初の部分は解決してくれていた。決定は自分に任されたのだと思う。

Crashing waves

Checking to see if I still had my tripod with me, I did remember he had mentioned something about Zampa, seeing that I had not made my way toward Naha, he was probably right about that too.

三脚を持参していたか確認しながら、彼が残波について何か言っていた事を思い出した。那覇に向かっていない自分を発見すると、マイクは行き先に関しても正しかったのだろう。

Cape Zampa is a peninsula on the western side of the island near Yomitan Village. It has a lighthouse, a beautiful beach and a place where you can pet goat right before you eat them. A tourist spot by nature it show some of the harder beauty of Okinawa. Things at Zampa are definite, rock, sky, sea. The sharp crags of the cliffs are as unforgiving as the waves and the sky sits atop the ocean making  it stay in place. Yet often times they mix, mingle and collude to remind you to keep sure footing because nature is in control. This fact is never more apparent, than when you stand atop a 100 meter cliff and crashing wave below sends some spray to dampen your collar. And the place has history…even before the forced suicides during the war. It’s written into every crevice of the coral cliffs and hangs in the air in the silences between the pummeling waves. One of those places that shuts you up, makes you pay attention, makes you appreciative of nature and all that has happened.

残波岬は、本島の西側にある岬で読谷村の近くに位置します。灯台、美しいビーチ、貴方の食卓に上がる前の山羊を可愛がれる場所もあります。その自然から観光地であり、沖縄の強固な美を幾分か映し出しています。残波にある物は、限定されていて・・・岩に、空に、海です。崖の鋭く険しい岩山の厳しさと同じく、海原に居座る波や空も厳しく、身動きできなくなります。しかし、しばしば、岩と波と空は入り混じり結託して、貴方にしっかりした足場を確保する事を気付かせてくれます。主導権を握っているのは自然なのです。

この事は、貴方が100mもの高さのある崖の上に立ち、眼下で砕け散る波が水しぶきを飛ばし、貴方の襟を湿らせれば、より明白に分かるでしょう。そして、この場所には歴史があります。戦時の強制自殺よりも以前の事です。その歴史は、サンゴの崖の隙間一つ一つに書き刻まれ、殴り付けられる波間の静けさの空中に漂っているのです。残波岬は、貴方を黙らせ、注意を払わせ、自然に、そして今まで起こった全ての事に感謝させられる場所の一つです。

more waves

Thank you everybody (and you too Mike).   

皆さん、有難う!(そしてマイク、君にも有難う!)