Winter Blues

Saturday the winds howled, the rain fell and the nose ran. Cold, not yet biting. I chased the clouds toward the coastline and tempted fate.

土曜日、風が唸り、雨が降り、鼻水が出てしまいます。寒い、けれどまだ身に染みる程の寒さではありません。海岸に向って雲を追いかけて、運命に立ち向かいました。

Needing a picture for a project having one but not several, Cape Zanpa seemed a solution. Where the sky and sea would meet I knew I would find the blue only winter could yield.

写真が数枚でなく一枚必要なプロジェクトを抱えており、残波岬が解決の糸口になるかの様に思えたのです。空と海が交わる所で、冬だけが生み出す事が出来る青を見つけられると分かっていたのです。

Tourists from Taiwan and islands further north joined me at the coast like some pre-schedule hurrah. Camera-people of all sorts danced, mingled and politely inched out of each others shots.  Hoots and hollers in several languages complained of the cold and drew collars nearer.

台湾や更に北の島々からの観光客の方達が海岸で私に参加してきました。まるで訪問予定地前の興奮を経験しているかの様でした。様々なタイプのカメラマンが混じり合い、各々が写真を撮れる様に礼儀正しく避け合いました。数ヶ国語のわめき叫ぶ声で寒さの不満を訴えて、襟を近くに引き寄せていました。

A windblown woman seemingly perched to a ask a question marched toward me decidedly, then as the distance closed feigned a look beyond. I must not have been the person to ask, back to the bus she went. Greeting others with smiles, we all seemed determined to dodge the now falling rain.

風に吹き飛ばされそうな女性が質問をする為に高い所に立ち止まり明らかに私に向って前進してきました。それから距離が縮まり、先を見るふりをしていました。私は尋ねるべき人間ではなかったのでしょう。彼女はバスに戻っていきました。他の人達に笑顔で挨拶しながら、私達は皆、今度は降ってくる雨を避けようとしている様でした。

Below the lighthouse, still searching for the opulent blue, scampering from crag to crook. I snapped a few more and hoped I had captured some of what winter bore.

灯台の下で、まだ贅沢な程に豊かな青を探し求めて、険しい岩山から湾曲部へと動き回り、数枚の写真を撮りました。冬が生み出した物を幾分か捉えられていれば嬉しく思います。

When traveling to Okinawa, Cape Zanpa must be seen no matter the weather. The above pictures do no justice. The sheer cliffs and the swells of the demanding sea are things to be truly admired. Until next time. Thank you everyone.

沖縄に旅行に来る時は、天候に関わらず残波岬は必見の場所です。上に紹介した写真では十分にお伝えする事は出来ませんが・・・。断崖絶壁や厳しい海のうねりは本当に称賛するに値します。では次回まで、皆さん、有難うございます。