Season Opener

I have been trying to figure a way to write this in a manner that suits the occasion, it’s been a week, and I haven’t made heads or tails of it. So let’s begin at the end. Airi Saitoh won the 2012 Daikin Orchid Ladies Golf Tournament in a three women playoff.

この記事を大切な機会に合う様に書くにはどうすれば良いだろうと、ずっと考えて1週間が過ぎましたが、はっきりしません。そういう訳で、終わりから始めるとしましょう。第25回ダイキンオーキッドレディースゴルフトーナメントは、プレーオフに進んだ3名のプレーヤーから、斉藤愛理が勝利を決めました。


The tour rookie started her final round with a double bogey. She would correct the situation with birdies on 3 and 7 to make an even par for the round. The subsequent birdies on 11 and 13 seemed to pave the way toward her first win. But it almost came to a near-end with bogies on 17 and 18 and a three-woman playoff with Yuko Mitsuka and 15-time JLPGA winner Ji-Hee Lee of South Korea. Airi managed to birdie the first playoff hole. Yuko Mitsuka did the same. Ji-Hee Lee could not sink the birdie and was eliminated. On the second playoff hole, Airi just missed a birdie but tapped it in for an easy par. When Ms. Mitsuka couldn’t par, the 22-year old Saitoh became the first winner of the 2012 JLPGA season.

ツアールーキーの斉藤愛理の最終ラウンドは、ダブルボギーを叩く出だしでした。3番、7番でバーディを奪取してパーを取る事で状況を変えようとしたのです。続く11番、13番のバーディが彼女の初勝利への道を築いたかのように見えました。しかし、終盤に入って、17番、18番でボギーを叩き、三塚優子とJLPGA15回優勝暦のある李知姫(韓国)との3人によるプレーオフに突入しました。斉藤はプレーオフ1ホール目で何とかバーディを奪うと、三塚優子もバーディを奪取。李知姫は、バーディーパットを沈められず脱落。2ホール目で斉藤はバーディを外して簡単なパーでフィニッシュ。三塚は、パーパットを外し、22歳の斉藤が2012年日本女子プロゴルフ協会シーズン開幕戦の初優勝を飾ったのです。

I saw none of this. I only managed to get there the first day grabbing the opening shots Friday morning and most of the play through the day. The invitation had come the night before about 20 minutes after I turned in my leave sheet. Planning to take the day to work on some upcoming video projects an exhausted photographer requested I do him a favor, I said “sure” not knowing what it entailed. He gave me the low down and I was plotting my course and canceling my video ambitions. I hadn’t shot a live event in quite some time and I had heard how demanding this event and particular venue would be, but he did look road weary and needed a break. I figured “why not?”

私は、この最終ラウンドのどの場面も見ていません。金曜日の朝、何とかゴルフ場に辿り着き、初日のオープニングショットと、その日の殆どのプレーを捉えるので精一杯でした。招待されたのは、前夜、休暇届を提出した約20分後の事でした。1日休暇を頂き、次回のビデオプロジェクトに取り組む予定でしたが、疲れ切ったカメラマンに頼まれたのでした。彼には借りがあるので、その仕事に何が必要なのかを知りもせずに「いいですよ。」と引き受けました。彼から情報を頂き、コースを記入して、ビデオ製作への熱意はひとまず諦めました。かなり長い間、イベントを生で撮影していなくて、このイベントの仕事がいかにきつく、いかに特別な開催地であるかも聞いていました。しかし、彼がこの仕事を疲れると考え、休息が必要だったので、「自分がやろう!」と思った次第です。

Knowing almost nothing about golf, I thought this might be an enlightening project. What I did have on my side was prior experience of shooting MMA and kickboxing events, I knew you had to remain focused throughout the entirety of the proceedings  keeping your eyes peeled for the best angles. Sizing up where the players were going to be and anticipating the action, whether it was going to happen or not.

ゴルフについて殆ど何も知らなかったので、勉強になるプロジェクトだと思いました。以前にMMA(総合格闘技)とキックボクシングイベントの撮影経験がある事が強みだったので、ベストアングルを得る為に目を大きく見開いたまま、イベントの全ての出来事に集中しなくてはならない事は分かっていました。プレーヤーが何処に進むかを判断して、行動を予測します。その行動が起こるかどうかを・・・。

I ditched the plans for a quick workout, I needed to go home gather my equipment and senses before I launched myself into this thing. The sun was setting so a look over the course was going to be impossible, I really wanted the lay of the land but I gathered luck had gotten me into this and luck would see me through it.

手短な運動をする計画を取り止めて、この仕事に着手する前に、帰宅して自分の撮影道具とセンスを寄せ集める必要がありました。太陽は沈んでゆき、コースの眺めは悪くなってきました。新しい場所の状況をどうしても知りたかったのですが、運は私をこの仕事に巻き込んで、私の技量を見抜くつもりなのだな、と思いました。

Satellite telemetry and Google Maps got me to the course, I hung my credentials on the rear-view mirror to fend off any questions, a security guard waved me through with a groggy 5 a.m. "Ohayo Gozaimasu." I sat in the car for a bit before I decided my plan of action, I knew the pressroom probably wasn't open yet and frankly I wanted to see who was going to show. As dawn broke the fog that chased me all the way to the course began to dissipate. I watched some of the players run laps around my car and then the lot to shake off the pre-game jitters. After the third lap I could see the wonder on the player's faces, "why was there a giant white-guy just sitting here, is he lost?" I figured I should gather my stuff and head in.

衛星テレメトリーとグーグルマップがコースへと導いてくれました。うるさい質問をかわす為に資格証明書をバックミラーにぶら下げました。警備員は、朝の5時、意識がもうろうとしているかの様な「おはようございます。」を私に言って、手を振ってくれました。自分の活動計画を決める前に少しの間、車の中に座っていました。プレス室がまだ開いていないのは分かっていましたし、正直に言うと、誰が現れるのかを見たかったのです。夜が明けるにつれて、ゴルフコースまでずっと追いかけてきた霧も消え始めました。何人かのプレーヤーが私の車の周り、そして駐車場へと何周か走り、試合前の緊張を振り払うのを見ていました。3周目を走った後、選手の顔の不思議そうな表情に気付きました。「とっても大きな白人男性が何故ここに座ったままいるのかしら?道に迷ったのかしら?」と。私は、荷物をまとめて中に入らなきゃ、と思いました。

The pressroom was nearly empty, a couple of attendants greeted me warmly and asked me to sign a roster, told me about the amenities and explained some of the rules of the road. You can shoot before the players sizes up the shot, not during and only after contact with the ball has been made, if a player or a caddy asks you to move you must do so and if you get in the way of a player or the game you will be removed. Seemed pretty straight-forward and I totally agreed. Looking over the map of the course it seemed that two of the holes converged and you had multiple angles on at least 4 of the holes. I knew that chasing the players around 18 holes probably wasn't the best idea, so I made my way to stake-out hole 13.

プレス室は、殆ど人気が無く、2-3人の案内係が温かく私に挨拶をして、名簿への署名をお願いし、アメニティーについての説明、コース内での規則について幾つか説明をしてきました。プレーヤーがショットを判断する前に撮影しても大丈夫ですが、ボールが当たっている最中や直後は撮影してはいけません。もしプレーヤーやキャディが貴方に移動して下さいとお願いする際は、その様にして下さい。もしプレーヤーや試合の邪魔になる場合は、退場する事となります。とても単刀直入な説明の様で、全く同意しました。コースマップを見ると、2つのホールが合流していて、少なくとも4つのホールで色々な角度を得る事が出来るようでした。18ホールを周るプレーヤーを追いかけるのは最高のアイディアではないと分かっていたので、場所取りをしに13番ホールへと前進しました。

It was then it dawned on me that this was the first "real" golf course I had been to, I had been to courses on military bases but those were different there was no sense of privilege, no sense of pursuit of the game. On those fairways policy was made, plans sought, I supposed it was true here as well but the love of the game had shown through above all. It was  the care the people, the players and the owners put into each of their positions it was evident in the strides they took or the flowers they planted.

その時です。私が気付いたのは・・・このコースこそが私が初めて足を踏み入れる「本物の」ゴルフコースだと。軍基地内のゴルフコースに行った事はありますが、別物です。名誉が感じられず、試合を追求する感覚もありませんでした。フェアウェイでは、方針が定められ、計画が求められていました。私は、ここでもそれは同じ事と思いましたが、試合にかける愛情が、何にもまして外面に現れていたのです。それは、ゴルフコースに関わる人々の、プレーヤーの、オウナーの、夫々の状況において配った細かい配慮です。プレーヤー達の歩き方や、スタッフ達の植えた花々を見れば明らかに分かります。

I arrived at the position, the game was set to start in about 30 minutes, I checked the gear twice before the first set of players showed. I put on my game-face and let the focus blur the periphery of my vision, it was going to be a long day. I smiled at the future winner and let the shutter snap.

自分の立ち位置に到着した時は、試合が後30分で始まろうとしていました。第一ラウンドのプレーヤー達が出場する前に、撮影機器を2度チェックしました。勝負師の顔を装い、自分の視野周辺部のピントをぼかしました。これは長い一日になりそうだ。これから決まる勝者に微笑みかけ、私はシャッターを切りました。

A special thanks goes out to the people of the tournament for their help and guidance throughout the event, without them I could not have gotten to see any of this.

このトーナメントの間、ご協力・ご指導下さった関係者の皆様に深くお礼申し上げます。皆様がいらっしゃらなければ、このイベントの一場面も見る事が出来なかったでしょう。

And many thanks go out all the readers, I appreciate your continued views and your patience even more, remember there is no art without you.

そして、読者の皆様、本当に有難うございます。皆さんが私のブログを継続してご覧になって下さる事、我慢強く待って下さっている事、そしてもっと多くの事に感謝します。覚えていて下さい、皆様なくして芸術はあり得ません。

Thank you everyone :)

有難うございます、皆さん。:)

More images of the tournament can be found here

トーナメントの写真をもっとご覧になりたい方はこちらをクリックして下さい。