Salt Sea and Glass

I had it set in my head today would be the day I go out and shoot. Projects have been burning the daylight and the midnight oil. The pace has prevented me from doing some of the things I enjoy, namely piecing together this site. I apologize for the delay...

今日こそ出掛けて写真撮影する日だと自分に言い聞かせました。プロジェクトで昼も夜も遅くまで働いているので、そのペースが私が好きな事をする時間から遠ざけているようです。私の好きな事って、つまり、このブログの記事内容を一つにする事です。更新が遅れてごめんなさい。

So with conviction on my side and gas in the tank, the first thing I decided to do was bide my time. Don't look at me like that, we all do it. After doing the necessaries, I ran into an acquaintance and asked him outright, "what am I going to shoot?" Mr. C scratched his knowledgeable chin, looked skyward and said a single word: "Yomitan." The word hung between us as the meandering crowd slunk past. He continued, "Down by the Alivila Resort is a place, it's got...well you can make glass and see salt being processed...and across the street they have a really scenic view, you should shoot that." And I agreed.

それで自分には信念と、車にはガソリンを入れて、最初にしようとした事は、時間稼ぎです。そんな目で見ないで下さいよ。皆、しているのですから・・・。必要な事を済ませて、知人の家にちょっと立ち寄り、単刀直入に尋ねました。「何の写真を撮れば良いだろう?」。C氏は、聡明な顎を掻いて空を見上げて一言呟きました、「読谷」と。

蛇行する集団が側をこっそり通り過ぎるかの様に、その言葉は私達の間で彷徨いました。彼は続けて言いました。「アリビラリゾートから少し下った所だ。そこでは・・・吹きガラス体験も出来るし、塩の製造工程を見る事も出来る。道を挟んだ向かい側には、とっても素晴らしい景色が広がっているのだよ。その場所を撮影するといい。」

そして、私もその提案に賛成しました。

I will leave some of the pictures of this fine spring day.

この春の快晴日に撮った写真を数枚、皆さんにご紹介します。

Thank you to Mr. C for his warm suggestions and his always pleasant conversations.

C氏の暖かな提案といつもの楽しい会話に感謝します。

I appreciate all of you who stop by and those that return on a regular basis.

私のブログに立ち寄って下さった方、また定期的にアクセスして下さっている方、皆さんに感謝します。

You really are the people that make this site happen.

このブログを実現させているのは、まさしく皆さんなのです。

Remember, without you there is no art.

覚えていて下さいね。貴方無しでは、芸術は存在しない事を・・・。

More soon...Thank you everyone. :)

近い内にまたアップします。皆さん、有難う。

Addendum:

A number of people have asked about schedule, art, time and projects. More specifically what to do when the schedule seems to not allow for your particular craft? I am no expert in this, but the short answer is to fit in it. Build time into your life, there is really no way around it. Practice of your craft is essential for developing or even maintaining (this applies to every form of art). I carry a sketchbook, oils (one tube usually black), a pen and a brush in my laptop bag. Keep it light otherwise you will get frustrated. When that 5 minutes at the end of your lunch break is open whip out that sketchbook, open that IDE or get out your needle and thread. Keep the ideas and scope simple, small pieces that you can collapse at will or leave for another time. You will feel better about it in the long run and maybe have something to look forward too. I have posted some of the paint sketches in the gallery to give you a better idea to what I am trying to elucidate.

補遺:

多くの人にスケジュール、芸術、時間、プロジェクトについて尋ねられます。もっと具体的に言うと、あなたの手掛ける特定の工芸品に費やす時間がスケジュール上難しそうな時はどうすれば良いかと・・・。私はこの道の専門家ではありませんが、手短に答えると、スケジュールに入れる事です。あなたの生活に時間を捻出するのです。それしか、どうする事もできないのです。あなたの工芸品を練習する事は、能力を開発したり、維持したりするのに必要です。(この事は、どの形態の芸術にも当てはまります。)

私は、ノートパソコン用のかばんにスケッチブックと油絵の具(大抵、黒のチューブ)、ペンと画ブラシを携帯しています。持つ物は軽めにして下さい。そうしないとイライラしてしまいます。ランチ休憩の5分に空きが出来れば、そのスケッチブックをサッと取り出すのです。IDE(Integrated Development Environment: 統合開発環境)を開くのです。あるいは、針と糸を取り出すのです。アイデアと範囲をシンプルに小さくして下さい。そうすれば自由自在に分けて別の機会に残せます。長い目で見れば、気分良く感じるし、多分、待ち遠しいものとなるでしょう。「ギャラリー」コーナーに、絵の具スケッチを数点載せています。私が明瞭にしようとしている事がより良くお分かりになるでしょう。