Pottery Fishing

Sorry about the hiatus. Thank you all for dropping by to check, I have been finishing up a number of personal and professional projects, busy is good and to be quite frank it is you girls/guys that have brought it (the busy) with you, your viewership has led me to certain avenues/opportunities that I would have never gotten to without your readership, so again thank you. The winter weather has not been yielding many blue skies, but guilt about the site and posting something new was starting to get to me…

ブランクが空いてごめんなさい。更新をチェックするのにアクセスして下さって有難うございます。沢山の本職のプロジェクトと個人的なプロジェクトを完了させるのに忙しい日々を送っていました。忙しいのは良い事です。本当に正直に言うと、この「忙しい日々」をもたらせて下さったのは、皆さんです。皆さんのアクセス率が、特定の道/機会へと導いて下さったのです。こんなに多くの皆さんが読んで下さってなければ、この様な機会には恵まれなかったでしょう。だからもう一度言わせて下さい。有難う。冬の天気はあまり青空に恵まれていませんが、このサイトと何か新しい記事を投稿しなくてはという罪悪感にかられ始めました。

The plan was to go to Yomitan to get some pictures of this weekend’s pottery festival, yet upon arriving I thought the subject of Okinawan pottery deserved a little more than I could give it this weekend and would be subject for a future post. I needed time for some research and to know exactly what I was looking at and what to take pictures of and to know how exactly to explain the cultural significance…yeah, it’s a pretty big deal here. My intentions were good, but everything has its time.

計画としては、読谷に行って、今週末のやちむん(陶器)祭りの写真を数枚撮る予定でした。が、到着してみて思ったのが、沖縄のやちむんをトピックとする記事は、今週自分が記事を書ける時間より少し多くの時間をあてても良いのでは、先の投稿のトピックにすれば良いと思ったのです。リサーチに時間が必要だし、正確に何を自分は調べたいのか、何の写真を撮りたいのか、いかに正確に文化的な意味合いを説明すればよいかを明確にする時間が必要・・・本当にかなり大事なトピックです。私の心構えはしっかりしていますが、何事にも潮時というものがあります。

My gut and my tires rolled me forward. Back into the rain, unsure now what to cover, I scratched my chin, fumbled with a couple of cds and remembered I saw a port sign on the way there. I had tried a number of times to get some decent picture of boats in Chatan to no avail, but I figured I go take a look, it was getting late.

私の度胸とタイヤが私を前進させてくれたのです。雨の中に戻り、何を取り上げようかあやふやなまま、顎をかき、数枚のCDをごそごそと探し、来る途中で漁港の看板を見たのを思い出しました。北谷でボートの優れた写真を撮ろうと何度も試みたが、無駄でした。とにかく漁港へ行って見てみようと思いました。時間がどんどん経っていたのです。

Japan is largest fish-eating nation in the world, consuming 7.5 billion tons of fish a year, or about 10 percent of the world's catch. This is the equivalent of 30 kilograms a year per person. Their nearest rivals the Scandinavians consume only around 15 kilograms per person. The Japanese consume so much fish that Japan has traditionally controlled the world prices for seafood with its huge demand.

日本は、世界で一番多く魚を食している国です。1年間に75億トンの魚、世界の漁獲量の約10%を消費しています。一年間一人当たり30kgの消費量に相当します。次点のスカンジナビア諸国の国民は、一人当たり約15kgしか消費しません。日本人は大変たくさんの魚を消費するので、昔から大きな需要で海産物の世界価格をコントロールしてきました。

Pulling into the port the sky flattened out its gray flannel and the rain let up a little. Nearing supper time a few boats had already been moored until tomorrow’s early morning launch. Yet others were either still away or having some work done in the dry dock.

港に引き入れながら、空は灰色のフランネルを平たくに伸ばして、雨が少し上がりました。夕食時間近く、2-3隻のボートが明日早朝の進水まで既に係留されていました。しかし、他のボートは、岸から離れているボートもあれば、乾いた波止場で作業中のボートもありました。

Japan is home to a $14 billion commercial fishing industry. Fish and a variety of other sea creatures are caught by local fishermen, imported and raised in aqua farms. There are around 200,000 fishing vessels in Japan. Of these about 2,000 fishing vessels are for tuna and bonito.

日本は、140億ドルの水産業国です。魚や他の様々な海産物が地元の漁師に漁獲されたり、輸入されたり、養殖されています。日本には約20万の漁船があります。この中で、約2,000隻がマグロ・カツオ漁船です。

I thought to myself, pulling the camera from the trunk, you are going to do fishing right after farming…way to keep content varied” :( I noticed a group of people at a distance hiding themselves under umbrellas and what appeared a boy of 12 or 14 re-stringing a rod.

カメラをトランクから取り出しながらひそかに思いました。「自分は農業の記事の直ぐ後に漁業について書くんだな・・・・内容に多様性をもたせる方法かだな。」って・・・。 少し離れた所に、数人のグループの人達が傘で身を隠しているのに気付き、12歳か14歳位の少年が釣竿に糸を通し直していたのに気付きました。

According to a National Geographic survey the largest harvesters of fish (metric tons) were: 1) Japan (7.5 million); 2) China (7 million); 3) Peru (6.7 million); 4) Chile (6.5 million); 5) Russia (5.2 million); 6) the U.S. (5 million).

「ナショナル・ジオグラフィック」の調査によると、最大の漁獲国(トン単位で)は、1位が日本(750万)、2位が中国(700万)、3位がペルー(670万)、4位がチリ(650万)、5位がロシア(520万)、6位が米国(500万)と並んでいます。

Walking over to them I noticed all of them were kids, I imagined them waiting for Papa’s safe return. Turning the camera on them they didn’t flinch so I let the shutter snap shut and awkwardly moved on.

グループに近寄ってみると、皆、子供でした。パパが無事に帰ってくるのを待っているのだろうと思いました。子供達にカメラを向けると、ひるみもしませんでしたので、シャッターをパチンと閉じて気まずい感じで立ち去りました。

The fish industry in Japan includes fishermen, traders, purchaser of fish, air shipping companies, trucking companies, butchers, packagers, delivery people. On its journey from the sea to customer’s plate, a single fish can change hands a dozen times, with each business taking a profit and adding an expense.

日本の漁業には、漁師、取引業者、魚類の購入者、航空輸送会社、トラック運送会社、食肉解体者、放送業者、配達業者が関わっています。海からお客様のお皿に届けられる旅で、1匹の魚は様々な業者の手を渡り、各業者が利益を得て費用を追加します。

Snapping a few more photos the rain began to pelt the boats making the sound of popcorn. I cast a glance toward the fisherman across the seawall, they were packing it in, calling it a day, I figured I should as well.

さらに2-3枚スナップ写真を撮っていると、雨が激しく降り始めボートをたたきつけ、ポップコーンが弾ける様な音を立てていました。防波堤の向こうの漁師をちらっと見ると、荷物を詰め込み、今日の仕事を切り上げていました。私も今日はこの辺で終わりにしましょう。

In July 2011, Kyodo reported that a 70-year-old fisherman adrift for 20 days was found safe by the Japan Coast Guard. Ryoko Shimabukuro, of Ie, Okinawa Prefecture, was found aboard the boat drifting off Cape Muroto, Kochi Prefecture, following a report sent by a foreign vessel to the 5th Regional Coast Guard Headquarters in Kobe. Shimabukuro appeared to be in good health and said his boat had encountered engine trouble, officials said. According to the fishing cooperative in his village, Shimabukuro left port June 8 and planned to return after around 10 days. He was last seen off Cape Hedo, Okinawa, on the evening of June 10.

20117月、共同通信社の報告によると、20日間漂流していた70歳の漁師が海上保安庁に無事発見されました。外国船が神戸の第5管区海上保安本部に通報した後、沖縄県伊江村の島袋良光さんが、高地県室戸岬沖で漂流中のボートの中で発見されました。島袋さんは健康状態は良好の様子でボートにエンジントラブルが発生したと話しているそうです。伊江村の漁業組合によると、島袋さんは68日に出港して、10日後には戻る予定でした。彼の姿を見たのは、610日夕方に沖縄県辺戸岬沖が最後でした。

Thank you everybody.

皆さん、有難う。

1 comments

Cereal's picture

Your ability to articulate never ceases to amaze, regardless of topic or language.