Kendo

It's been a while since I have posted anything for this I apologize. I do appreciate those that stop by and continue to on a regular basis. Without you this site would not exist.

このブログに投稿しなくなって随分時間が経ってしまいました。申し訳ございません。覗いて下さった方や定期的にチェックして下さっている方に本当に感謝しています。貴方達なしでは、このサイトは存在しないでしょう。

I had been recently asked to attend a kendo tournament to which I was incredibly humbled and tremendously grateful. I was allowed to capture some images, but feared writing this post. It's actually one of the reasons I have been negligent up until now (needing the time and space to prepare my thoughts). I did not and to a point still do not feel like I will be able to explain the significance of the subject matter in a qualitative form. The creation of kendo is something beyond historical, it sociopolitical, economic, cultural and philosophical. Kendo or more importantly bujutsu/budo inspired a nation to become an empire comprised of nearly 80 percent of Asia in less than half a century.

最近の事ですが、剣道のトーナメントに出席して下さいと依頼がありました。とても恐縮に感じましたが、ものすごく有難く思いました。何枚か写真を撮影する事を許可されましたが、この投稿記事を書く事に恐れを感じました。今迄記事を書かなかった理由の一つがそれなのです(自分の考えを準備する時間と空間が必要だったのです)。性質を表す様な形式で本題材の重要性を説明出来る気分になれなかったし、今も尚、幾分かその様な気分になっていないのです。剣道の創造性というのは、歴史的な、社会政治的な、経済的な、文化的な、哲学的な物を超える物なのです。剣道・・・というよりは、もっと重要性を表して、武術(武道)と言った方が良いかもしれません。武術(武道)は、国家が50年以下でアジアの80%近くを構成する帝国になる様に刺激を与えたのです。

After the sword-hunts (katanagari) of Toyotomi Hideyoshi and Oda Nobunaga the freedom to carry a long sword for defense had been vanquished. Hideyoshi and Nobunaga had both sought to solidify separation in class structure nationwide. Denying civilians the rights to arms had a two-fold element, it would limit the ability of commoners to rebel against the established order of the day and create the samurai class. Budo (or rather bujutsu) had become the philosophy of the ruling party. During the Meiji Restoration extensive reforms were passed and executed. One of the most significant was the abolition of the han system, ending feudalism and the class system as a whole. By 1876 the samurai were banned from carrying swords, a standing army created and a police force stood up to enforce local and national laws. This left class of people disenfranchised. Their entire way of life and its system of traditions were made illegal. Yet the burgeoning empire needed them to teach the path that had gotten them this far. Kendo was created to quell the resentments of the once noble samurai and ensure that the progeny of the empire knew how to fight. In 1895 the Dai Nippon Butoku Kai was established to promote the ideals of bushido and preserve the traditional system of bujutsu. The differences of budo, bushi, bushido and bujutsu are in some places subtle and in others distinct but all are significant and go beyond discourse of this post. Yet in the broadest terms bushido could be defined as "way of the warrior" and bujutsu the preparation for war.

豊臣秀吉や織田信長による刀狩り以降、防御用の長刀を携帯する自由が奪われました。秀吉と信長は共に、国内の階級構造の区別を固める事を努めていました。民間人に武器を所有する権利を否定する事には二つの要素がありました。当時の確立した秩序に、庶民が反乱を起こす能力を制限して、侍の階級を築く事です。武道(むしろ武術と呼んだ方が良いかもしれません)は、与党の哲学になっていきました。明治維新の間、大規模な改革案が可決され、実行されました。最も重要な改革の一つは廃藩です。全体的に封建体制と階級形式を終結させたのです。1876年迄に侍が刀を所持する事を禁止して、常備軍が設置され、警官隊が立ち上がり、地方や国家の法律を実施する事になったのです。左翼の人々が国民から公民権を奪ったのです。人々の生活の方法全般や伝統の形式が違法となったのです。しかし、急激に巨大化する帝国は警官隊に、ここまで辿って来た道を教えさせる必要がありました。剣道が、かつての高貴な侍達の憤りを静めて、帝国の子孫達が確実に戦い方を知る為に剣道が創造されたのです。1895年に大日本武徳会が武士道の理想を広めて、武術の伝統的な形式を保存する為に創立されました。武道、武士、武士道、武術の違いは、ある地域では微妙ですが、別の地域でははっきりと異なっています。しかし、どれも非常に重要で、この記事の内容を遥かに超えるものです。しかし、極めて広い意味では、武士道は武士としての人間形成の道と定義され、武術は戦いに備える術と定義されるでしょう。

Kendo today still focuses on the precepts of the masters of centuries ago. The search for control, awareness and clarity define the pursuits of the modern student. The use of the sword or shinai (bamboo baton) as a method to understand yourself, your limits and your behavior in and outside of competition are still as effective. The traditions live on.

今日も尚、剣道は何百年前もの達人の教訓に焦点を置いています。制御、意識や明確さの追求が現代の学生達の探求心を特徴づけています。自分自身、自分の限界、競技内外での自分の行動を理解する手段として刀や竹刀を使用する事は、まだ有効な事として見なされています。伝統は生き続けるのです。

Again thank you to everyone that stops by hopefully more from Okinawa soon. Remember without you there is no art.

このブログにアクセスして下さった皆さんに再び感謝します。近い内に沖縄からもっと記事を発信出来る事を望みます。覚えていて下さいね。貴方なしでは、芸術は存在しない事を・・・。