Fruits of Labor

Some of you may know the full Hai Sai Okinawa has halted production for the time being. A plethora of answers exist as to why, but it is mostly due to manning and budget.

皆様の中にはお気づきの方もいらっしゃるでしょう。「ハイサイ沖縄」のフルバージョンが暫く制作中断されている事を・・・。何故って聞かれると、その答えは多過ぎる程にありますが、主に人員調整と予算が原因です。

Refusing to let the name brand die and needing a venue to capture some of Okinawa's beauty as well as push some of my employer's wares. I created Hai Sai Extra to keep things rolling.

番組のブランドイメージを絶えさせないように、沖縄の美しさを幾らか撮る冒険心も必要だし、私の雇用者の商品を推し進める為にも、全てを順調に運ぶ様に「ハイサイ沖縄エキストラ」を制作しました。

The Extras serve to extend the contributions made to the Okinawa Living magazine. It was one of the few ways I could manage to continue to rely stories of Okinawa and still maintain support. So what does this have to do with fruit you ask? It's symbolic, I suppose and we will get to that in a second.

「ハイサイ沖縄エキストラ」は、雑誌「オキナワリビング」の投稿記事を広める役割をしています。「エキストラ」は、私が何とか沖縄の話を伝え続けて支援を維持している数少ない方法の一つでした。それがフルーツと何の関係があるの?と思われるでしょう。「フルーツ」は象徴的なのです。もう直ぐそれに触れます。

Covering what the magazine is featuring is sometimes a blessing, you can manage to hop a ride to existing photo shoot and interview on-sight. Yet sometimes, what would be fitting for print may not be so for television or the Internet. Not because it's not interesting but it may need a longer format, supporting footage, detailed descriptions of the how, why and what came before and a host of other issues. Think about your favorite book adapted to a teledrama or movie, the results, well, the results vary. I know I am still not getting to the fruit part....

雑誌の特集記事を取材する事は、時に有難い物です。従来の写真撮影に苦労して取り掛かり現場で取材が出来る時は幸運です。しかし時折、雑誌にふさわしい物はテレビやネットにはあまり適さない場合もあるものです。興味深くない訳ではなく、より長い構成を必要とします。それは、映像、そして背景として、どのようにして、何故、何があったのかの詳細の説明の裏付け、そして他のトピックの司会者をサポートする為にです。貴方のお気に入りの本がTVドラマや映画用に脚色される事を考えてみてください。結果は・・・結果は、様々でしょう。分かっています。私は、まだ「フルーツ」の部分に触れていないですね。

The Extra for this month was done, I had sought out the text, re-wrote it to suit and voiced it. Went to Nago and shot what I thought needed be covered and omitted parts I surmised the article should highlight. Yet before I had gone I emailed other stakeholders and asked if they would like me to cover any aspects that might be of interest to them or perhaps their clients. Getting to the fruit part...

今月の「エキストラ」が完成しました。テキスト内容を探求して、適切になる様に書き直しました。名護へ足を運び、必要があると思われる物を取材して撮影し、記事が強調される様に省略する部分もありました。実は、名護に行く前に、他の株主にメールして、株主や株主の顧客にとって興味深い景観で、私に取上げて欲しい物はないかを尋ねていたのです。「フルーツ」の部分に近づいてきました。

When the seeds of labor are sown and shared, the bloom and bounty benefit the community as a whole. Nowhere is this seen more than on a tiny island. Community is not just who you sell to, but a resource and ultimately the only strategy that works, in business or life.

勤労の種が蒔かれて共有される時、開花した恵みは地域全体の利益になります。小さな島程、このような傾向が見られます。地域というのは、売る対象であるだけではなく、ビジネスや生活において役立つ源であり、究極的で唯一の戦略なのです。

I managed to get some responses after the holiday break, back to Nago, I went. :) 

休暇の後、どうにか幾らかの回答を得て名護へ再び、行きました。 :)