Centering the Image

I would like to thank everyone who has asked about production and workflow over the last couple of months, I enjoy the questions and love to share tips, criticism and ideas. Often times your questions have caused me to center and really ask myself, why we do it this way or in fact that way...

過去数ヶ月間、制作とワークフローに関して質問して下さった皆さんに感謝します。質問は楽しかったし、ヒント、批評、意見を共有する事は大好きです。皆さんに質問される事によって、何故、私達はこの様な方法で制作して、いや実際の所、あの様な方法で制作しているのだろうかと、意識を集中して自問する事がよくありました。

The questions have gently nudged me into thinking about process along every step and ultimately about form and its arrival. Not so much as a defense of  the form of the project, plan or thing, but as a method for replication or avoidance. It is sort of perplexing, frustrating and ultimately limiting if you wind up making the same thing especially if that was not your intent (see my soundcloud feed for examples of this :\ ). So again please continue you to ask. You are in the end helping me grow as person and an artist, and for that I appreciate it deeply.

皆さんから質問を投げかけられ、そっと肘でつつかれて、段階毎のプロセスについて、最終的にはプロジェクトの形態や誕生についても考えるようになりました。プロジェクト、計画、物事の形態の防御としてというよりも、複製や回避の方法として多くを考えるようになりました。多少厄介で、苛立たしい、最終的には制限的なものです。特にそれが貴方の意図するものでない場合は・・・(その例として私のサウンドクラウドフィードをご覧下さい)。だから皆さん、どうぞ質問し続けて下さい。結果的に、私が人間として、芸術家として、成長する手助けをして下さっているのです。その事に対して心より感謝しています。

The questions too made me notice the lack of updating in the galleries with design stuff, photography or even the personal work. Here come the excuses...some of it is due to the nature of the work, the media production world is filled with non-disclosure. Well that is until they wish to release it. You showing off bits and pieces of new products is generally bad form and somewhat bad taste. You could put your heart, soul and shoelaces into a product, book, design, story, TV show, animation whatever...and to be frank a good artist, designer, codemonkey, whatever you may be, should. Yet if you don't own it...

皆さんからの質問で、「ギャラリー」へのデザイン、写真、個人的な作品でさえも更新出来ていない事にも気付きました。言い訳になりますが・・・仕事の性質によるもので、メディア制作の世界は、非公開情報だらけなのです。まあ、それは、公開したいと思うまでの話ですが・・。こまごました新作品を見せびらかす事は、大抵は酷い形態の作品か、幾分酷いセンスの作品だったりします。作品、本、デザイン、物語、TV番組、アニメーション、何に対しても、

あなたの心、魂、靴紐を、込めて作る事が出来るでしょう。率直に言えば、素晴らしい芸術家、デザイナー、未熟なプログラマー、貴方がどんな職業であろうと、そうしなければならないでしょう。その作品を所有しないとしてでもです。

But the real reason is time, I wanted to focus on the art of story telling and what better way to do that than Okinawa. On that note I will leave you until next time...and hopefully I will be back with another adventure in Okinawa. Thank you everyone. Remember there is no art without you. 

しかし、本当の理由は時間にあるのです。物語を話す芸術や「はいさい沖縄」よりも良い方法は何かを考える事に焦点を当てたかったのです。これに関しては、次回までお預けとしましょう。沖縄でのまた別の冒険話をする事が出来れば良いと願っています。皆さん、有難うございます。忘れないで下さいね。貴方なしでは、芸術は存在しない事を・・・。